Jumat, 25 November 2016

LIRIK LAGU RADWIMPS -トアルハルノヒ 歌詞 ROMAJI KANJI

RADWIMPS -トアルハルノヒ 歌詞 ROMAJI LIRIK LAGU:

‘hajimemashite’ sō iu to
hito giwa ōkina sono hitomi ga
yure nagara massugu ni boku o mi ta

are wa mada 14 no haru
sorekara kyō made no hibi
‘anata no koe o zutto kii te i ta’

mō nante ie ba ii ? maigo no kusha tto shi ta kao
iwa naku tatte ii afureru hodo tsutawatta arigatō

kyō wa nanka tanoshii na
haruka mukashi kara ‘koe’ dake no
osananajimi de tsumoru hanashi nanka shi te

doko ka jibun no jikan dake
onaji basho de tadatada en o
egai te wa tomatteru ki ga shite ta

sore ga ima ja 21 no haru
mukashi no tegami no henji o
sono mune ni kakae te ki te kure ta

rokkubando nante mon o yatte i te yokatta
machigatte nanka i nai
sonnafūni ima wa tada omoeru yo

atena mo nashi ni kakinagutta yume o
hajirai mo naku sarashi te ki ta honne o
kimi wa uketotta sute zu ni atatame ta
tonari ni iru tomo yori mo bokura wa shiriae ta
namae sae shira zu ni

bokura kimi iwaku mainichi, maiban
ame mo hare mo arashi mo yuki mo
aki mo se zu hanashi o shi te ki ta rashii

tokini imikiraitōzakari
onshin futsū no toki o he te
demo saigo ni wa modotte ki ta n da to

mawari no dare ga kika zu tomo
ryūkō no uta nagareyo u tomo
jibun ni wa kono uta ga atta yo to

rokkubando nante mon o yatteki te yokatta
matomo ni hanashi sae deki nakatta kono boku ga
sonnani mo kimi to omoi o kawashiatte i ta
rokkubando nante mon o
yatteki te hontōni yokatta

hirakinaori no kokoro no arisama o chō ttarashii buzama na kokuhaku o
kakinaguritsuzuke ta sekai ni bara mai ta
tayasuku kaze ni mai sugu ni kakikesare ta
demo kimi wa uketotta sute zu ni i te kure ta
kaze yori mo chīsana boku no koe o hiroiage te kure ta

haruka na kanata e to uta uta yo ton de ike

atena mo nashi ni kakinagutta yume o
hajirai mo naku sarashi te ki ta honne o
atarichirashi ta buzama na shūtai o
koboreochi ta mama hashirase ta kibō o

kakinaguritsuzuke te 10 yo nen no hibi ga
soshite sono shōjo wa me no mae ni araware ta
sono te, hitomi, mune ni tegami no henji o yadoshi te araware ta n da

RADWIMPS -トアルハルノヒ KANJI LYRICS

「はじめまして」そう言うと
ひと際大きなその瞳が
揺れながらまっすぐに僕をみた

あれはまだ14のハル
それから今日までの日々
「あなたの声をずっと聴いていた」

もうなんて言えばいい? 迷子のクシャっとした顔
言わなくたっていい 溢れるほど伝わった ありがとう

今日はなんか楽しいな
遥か昔から「声」だけの
幼なじみで 積もる話なんかして

どこか自分の時間だけ
同じ場所でただただ円を
描いては止まってる気がしてた



それが今じゃ21のハル
昔の手紙の返事を
その胸に抱えてきてくれた

ロックバンドなんてもんを やっていてよかった
間違ってなんかいない
そんなふうに今はただ思えるよ

宛名もなしに書きなぐった夢を
恥じらいもなく晒してきた本音を
君は受け取った 捨てずにあたためた
隣にいる友よりも 僕らは知り合えた
名前さえ知らずに

僕ら君曰く 毎日、毎晩
雨も晴れも嵐も雪も
飽きもせず 話をしてきたらしい

時に忌み嫌い遠ざかり
音信不通の時を経て
でも最後には 戻ってきたんだと

周りの誰が聴かずとも
流行の歌流れようとも
自分にはこの歌があったよと

ロックバンドなんてもんを やってきてよかった
まともに話さえ できなかったこの僕が
そんなにも君と 想いを交わしあっていた
ロックバンドなんてもんを
やってきて本当によかった

開き直りの心の有様を 長ったらしい無様な告白を
書きなぐり続けた 世界にバラ蒔いた
たやすく風に舞い すぐに掻き消された
でも君は受け取った 捨てずにいてくれた
風よりも小さな 僕の声を拾い上げてくれた

遥かな彼方へと 歌歌よ飛んでいけ

宛名もなしに書きなぐった夢を
恥じらいもなく晒してきた本音を
当たり散らした無様な醜態を
こぼれ落ちたまま走らせた希望を

書きなぐり続けて 10余年の日々が
そしてその少女は 目の前に現れた
その手、瞳、胸に 手紙の返事を 宿して現れたんだ

Related Posts

LIRIK LAGU RADWIMPS -トアルハルノヒ 歌詞 ROMAJI KANJI
4/ 5
Oleh